Teradata Database メッセージ 3296 - 17.00 - 3296 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
PM/PC command processing timed out.
説明
このエラーは、SET SESSION ACCOUNT、MONITOR SESSION、またはMONITOR SQLコマンドの処理中に、通常のタイムアウトになりますが、致命的ではないインジケータになるように設計されています。MONITOR SESSIONのタイムアウトの場合のみ: 最初のタイムアウトでスナップショット ダンプが取られます。次のスナップショット・ダンプまで60分の待ち時間があります。60分以内に別のMonitor Sessionタイムアウトが起こった場合、スナップショット・ダンプは実行されません。MONITOR SQLのタイムアウトの場合のみ: タイムアウト時間は、dbscontrol gdoのPMPC_TimeoutSecフィールドでユーザーが指定できます。デフォルトのタイムアウト間隔は60秒です。次の値は特別な意味を持っています。0: MONITOR SQLのタイムアウトが無効になり、MONITOR SQLリクエストは応答を永久に待機します。そのため、この3296エラーが返されることはありません。60: ディスパッチャ ワーカー タスクの状態が外部でチェックされ、そのタスクがMONITOR SQLリクエストを受信して処理することがブロックされている場合は、このタイムアウト エラー(3296)が60秒待機することなく即時に返されます。MONITOR SQLリクエストが配信されたが、ターゲットのディスパッチャ ワーカー タスク内で共有リソースを待機している場合に、MONITOR SQLの処理は60秒以上かかることがあり、その場合は3296エラーが返されることに注意してください。61: 60と同様ですが、ターゲット セッションでストアド プロシージャが実行されている場合にのみ適用されます。60の場合はターゲット セッションで実行されているすべての種類のリクエストに適用されます。N: その他の値(1~59、62~3600)の場合は、N秒経過すると、MONITOR SQLリクエストがタイムアウトになり、3296エラーが返されます。
生成もと
CONTSK(PFMCOTSKの指示による)、SESPMAIN、PFMCOTSK、またはPFMUMAINタスク
対象ユーザー
エンド・ユーザー
注意
なし
対処法
単に再試行するか、またはセッション自体をチェックします。