17.10 - AddObjectListEntrySP(X) - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
管理
Publication ID
B035-1210-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

個々のオブジェクトをリストに追加します。

このプロシージャは、CreateObjectListSPと連動して動作します。CreateObjectListSPを1回呼び出して空のリストを作成し、次にAddObjectListEntrySPを繰り返し呼び出してそのリストに個々のオブジェクトを追加します。

ANSI準拠

この文は、ANSI SQL:2011規格に対するTeradata拡張機能です。

構文規則

CALL [TDMaps.] AddObjectListEntrySP(X) (
  'ObjectListName',
  'DatabaseName',
  { 'ObjectName' | NULL },
  :NumObjectsAdded
) [;]

構文要素

TDMaps.
データベースの名前。
ObjectListName
オブジェクト リストの名前。指定する必要があります。
DatabaseName
オブジェクトが定義されているデータベース。
ObjectName
DatabaseNameで定義されているテーブル、結合インデックス、またはハッシュ インデックスの名前。ObjectNameはNULLにできますが、この場合、DatabaseNameで定義されているすべてのテーブル、結合インデックス、およびハッシュ インデックスがリストに含まれます。
NumObjectsAdded
この出力パラメータは、リストに追加された除外の数を表わすINTEGERです。