17.10 - 構文の読み方 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
管理
Publication ID
B035-1210-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

このドキュメントでは、構文に以下の表記規則を使用します。

構文の表記規則 意味
KEYWORD
キーワード。表記と完全に同じように綴ります。

多くの環境では大文字と小文字が区別されません。オペレーティング システムで小文字のみまたは大文字と小文字の混在が要求されない限り、構文ではキーワードを大文字で表示します。

variable
変数。実際の値で置き換えます。
number
1桁以上の数字の文字列。3桁を超える数字ではカンマを使用しないでください。

例: 10045

[ x ]
xはオプションです。
[ x | y ]
xまたはyを指定するか、空白にできます。
{ x | y }
xまたはyのいずれかを指定する必要があります。
x [...]
xの繰り返し。スペースで区切ります。

例:x x x

表に続く注を参照してください。

x [,...]
xの繰り返し。カンマで区切ります。

例:x, x, x

表に続く注を参照してください。

x [delimiter...]
xの繰り返し。指定の区切り記号で区切ります。
例:
  • delimiterがセミコロンの場合は以下のようになります。

    x; x; x

  • delimiter{,|OR}の場合、以下のいずれかを指定できます。
    • x, x, x
    • x OR x OR x

表に続く注を参照してください。

直前の項目だけを繰り返すことができます。例えば、構文が次の場合、
KEYWORD x [...]

xを繰り返すことができますが、KEYWORDは繰り返すことができません。

xと区切り記号の間に空白がない場合、xと区切り文字を繰り返すことができます。例えば次の構文の場合、

[ x, [...] ] y
  • xを省略できます: y
  • xを1回指定できます: x, y
  • xと区切り文字を繰り返すことができます: x, x, x, y