Teradata Database メッセージ 3699 - 17.00 - 3699 - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN
メッセージ
SysSecDefaults table has an invalid character value in a char column.,=%s
説明
表SysSecDefaultsのPasswordDigits列の文字値は、No(使用不可)を示す'N'、Yes(使用可、任意)を示す'Y'、Required(必須)を示す'R'のいずれかでなければなりません。表SysSecDefaultsのPasswordSpecChar列の文字値は、次のマトリクスで定義してあるように、'A'から'P'、'R'、または'Y'のいずれかでなければなりません。この1文字のフィールドは、次の4つのパスワード制御ルールの設定を表わしています。1) パスワード文字列内で許可されるUserName、2) パスワード文字列内の大文字/小文字、3) パスワード文字列内の1つ以上の英字、4) パスワード文字列内の特殊文字。次のマトリクスで、有効な各オプション文字の右側にある1文字(Y、N、R)は、4つのパスワード制御ルールのそれぞれがどのように設定されているかを表わしています。'N'は、使用できないことを示します。'Y'は、使用でき、任意であることを示します。例えば、大文字/小文字規則の場合、大/小文字の違いは無視されることを意味します。'R'は、必須であることを示します。この状態に対する再試行の限界を超えたため、トランザクションはアボートされました。大文字/ 特殊文字 オプション UserName 小文字 英字 N Y Y Y N Y Y Y Y Y A Y Y Y R B Y Y R N C Y Y R Y D Y Y R R E Y R R N F Y R R Y G Y R R R H N Y Y N I N Y Y Y J N Y Y R K N Y R N L N Y R Y M N Y R R O N R R N P N R R Y R N R R R
生成もと
MgcSecOp.
対象ユーザー
サイト管理者
注意
なし
対処法
SysSecDefaults表の列の値を訂正し、Teradataを再起動します。