TDGSS/TeraGSS メジャーステータスコードのデコード |エラーメッセージ |Teradata Vantage - 17.00 - TDGSS/TeraGSSメジャー・ステータス・コードのデコード - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Database Messages

prodname
Advanced SQL Engine
Teradata Database
vrm_release
17.00
created_date
2020年6月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1096-170K-JPN

メジャー・ステータスは、メカニズムに依存しない32ビットの符号無し整数です。メジャー・ステータスは、すべてのTDGSS関数から返されます。

16 進数形式では、メジャー状況コードは CCRRSSSS の形式を使用
  • CC = 呼び出しエラー
  • RR = ルーチン・エラー
  • SSSS = 補足ステータス (エラーではなくステータスを示す)

呼び出しエラー

呼び出しエラー 説明
01 アクセスできない読み取り 必須入力パラメータを読み取れなかった(NULLの可能性)。
02 アクセスできない書き込み 必須出力パラメータに書き込めなかった(NULLの可能性)。
03 不正な構造体 いずれかのパラメータが不正だった。

ルーチン・エラー

ルーチン・エラー 説明
01 不正なメカニズム サポートされていないメカニズムが要求された。
02 不正な名前 無効な名前が指定された。
03 不正な名前の型-- 指定された名前が、サポートされていない型だった。
04 不正なバインディング --正しくないチャネル・バインディングが指定された。
05 不正なステータス-- 無効なステータス・コードが指定された。
06 不正なMIC 無効なメッセージ保全性コード(MIC)のトークンが存在した。
07 信頼証明が存在しない 信頼証明が指定されなかったか、利用またはアクセスすることができなかった。
08 --コンテキストが存在しない セキュリティ・コンテキストが確立されていない。
09 不良なトークン --無効なトークンが存在した。
0A --不良な信頼証明 無効な信頼証明が存在した。
0B --信頼証明の有効期限切れ 参照された信頼証明の有効期限が切れている。
0C --コンテキストの有効期限切れ セキュリティ・コンテキストの有効期限が切れている。
0D --障害 各種障害。
0E --不正なQOP 要求されたQuality Of Protection(保護品質)を提供できなかった。
0F --不許可 ローカル・セキュリティ・ポリシーによって禁止されている操作。
10 --使用不可 使用できない操作またはオプション。
11 --要素の重複 要求された信頼証明要素がすでに存在する。
12 --名前がMNでない 指定された名前がメカニズム名ではなかった。
13 --継続 tdgss_terminateは TDGSS がまだ使用中であったため、アンロードしませんでした。

補足のステータス

補足のステータス 説明
0010 トークンの脱落 想定される、メッセージごとのトークンが受信されなかった。
0008 順序の乱れたトークン 後続のトークンがすでに処理されている。
0004 古いトークン トークンの有効期間が切れています。
0002 重複トークン トークンが先行のトークンと重複していた。
0001 要継続 機能を完了するためにはこのルーチンを再度呼び出す必要がある(tdgss_init_sec_contextおよびtdgss_accept_sec_contextからのみ返される)。

メジャー・ステータス = 01020004 (16 進数):
  • 01 = アクセスできない読み取り
  • 02 = 不正な名前
  • 0004 = 古いトークン

TDGSS 関数に、必須の名前パラメータに対する不正なポインタが渡されました。