17.00 - 例:クラスタ設定の構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
  1. アクティブとスタンバイの両方のData Moverサーバー(DM1およびDM2)でActiveMQが実行されていることを確認します。
    スタンバイData Moverサーバー(DM2)のActiveMQは後で無効になるため、構成手順が完了したら実行しないでください。
  2. 次のコマンドを実行して、ブローカー機能のネットワークが無効になっていることを確認します。
    /opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/dmcluster configactivemq -e false
  3. アクティブとスタンバイの両方のData Moverサーバー(DM1およびDM2)のdaemon.propertiesファイルで、以下を設定します。
    cluster.enabled=false 
    broker.url=localhost or IP address of local system
  4. アクティブ、スタンバイ、および任意のスタンドアロンData Moverサーバー(DM1、DM2、およびDM3)のagent.propertiesファイルで、以下を設定します。
    cluster.enabled=true 
    broker.url=DM1 URL,DM2 URL
  5. アクティブとスタンバイの両方のData Moverサーバー(DM1およびDM2)、および任意のスタンドアロンData Moverサーバーのcommandline.propertiesファイルで、以下を設定します。
    dm.rest.endpoint=DM1 REST URL,DM2 REST URL