17.00 - クラスタからの高可用性の削除 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
クラスタから高可用性環境を削除するには、次の手順を使用します。ファイルパス内のnn.nnは、Data Moverのメジャー バージョンおよびマイナー バージョンの番号を表わします。
  1. アクティブ デーモンの/opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/ディレクトリで、次のコマンドを実行します。
    ./dmcluster configactivemq -e false
  2. スタンバイ デーモンの/opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/ディレクトリで、次のコマンドを実行します。
    ./dmcluster configactivemq -e false
  3. アクティブ デーモンで次のコマンドを実行して、アクティブ モニター サーバーを見つけます。
    ./dmcluster status
  4. アクティブ モニター サーバーの/opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failover/ディレクトリで、次のコマンドを実行します。
    ./dmcluster stopmonitor
  5. /etc/opt/teradata/datamoverディレクトリ内にあるアクティブ デーモンとスタンバイ デーモンの両方のdaemon.propertiestdmrest.properties、およびagent.propertiesファイルを、次の値を使用して編集します。
    • cluster.enabled = false
    • broker.url = localhost
  6. 次の値を使用してcommandline.propertiesファイルを編集します。
    dm.rest.endpoint=https://localhost:1443/datamover
  7. /etc/opt/teradata/datamoverディレクトリ内にあるアクティブ デーモンとスタンバイ デーモンの両方のsync.propertiesファイル編集して、master.host = localhost値にします。
  8. /etc/opt/teradata/datamoverディレクトリにあるアクティブ デーモンのfailover.propertiesファイル内の次のプロパティを、localhostとして編集します。
    • local.daemon.host
    • remote.daemon.host
    • local.monitor.host
    • local.repository.host
    • remote.repository.host
    • local.agents.host
    • remote.agents.host
  9. アクティブ デーモンの/opt/teradata/client/nn.nn/datamover/failoverディレクトリで次のコマンドを実行して、構成値を入力します。
    ./dmcluster config
  10. アクティブ デーモンとスタンバイ デーモンの両方で、tdactivemq、デーモン、およびエージェント サービスを再起動します。
    /etc/init.d/tdactivemq stop
    /etc/init.d/tdactivemq start
    /etc/init.d/dmdaemon stop
    /etc/init.d/dmdaemon start
    /etc/init.d/dmagent stop
    /etc/init.d/dmagent start
    /etc/init.d/tdmrest stop
    /etc/init.d/tdmrest start
  11. アクティブ デーモンとスタンバイ デーモンの両方に対して次のコマンドを実行して、デーモンがactivemqに接続されていて、localhostで実行されていることを確認します。
    sdt05312:/etc/opt/teradata/datamover # datamove list_jobs
    sdt05312:/etc/opt/teradata/datamover # datamove list_jobs
        Data Mover Command Line 16.20.xx.xx
        2017-12-18 10:26:40 - List Jobs mode 
        Command parameters:
        About to connect to ActiveMQ at localhost:61616
        Connected to Daemon version 16.20.xx.xx
        List jobs...
        Job Name                                                               
    Start          End           Status           Priority
    -------------------------------------------------------------
     No Detailed Information