17.00 - 自動フェールオーバーを使用しない同期サービスの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.00
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-030K-JPN
Language
日本語 (日本)
自動フェールオーバーが使用できないときは、フェールオーバーを有効にする同期サービスを構成することができます。同期サービスでは、次のファイルを使用します。
ファイル 説明
/etc/opt/teradata/datamover/sync.properties Data Mover複製サービスがアクティブとスタンバイ リポジトリの同期のために使用する設定。
/opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/DMReplication.jar 同期サービスで使用される実行可能なバイナリ ファイル。
/opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync 同期サービスを開始するためのスクリプト。

ここで、パス中のnn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。