16.20 - 例: 派生PERIODの間隔の値を返す - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1211-162K-JPN

INTERVALは、次のSQL文を使用して作成されたjobdurationという派生PERIODの間隔値を返します。

CREATE TABLE employee(id INTEGER,
                      name VARCHAR(50),
                      jdbegin DATE NOT NULL FORMAT 'YYYY-MM-DD',
                      jdend   DATE NOT NULL FORMAT 'YYYY-MM-DD',
                      PERIOD FOR jobduration(jdbegin,jdend)
  )PRIMARY INDEX(id);

次の値がemployeeテーブルに挿入されるとします。

INSERT INTO employee(1025,'John',DATE'2011-01-02',DATE'2012-05-02');

次のSQL文を実行します。

SELECT INTERVAL(jobduration)MONTH(4) FROM employee;

次の結果が得られます。

    INTERVAL(jobduration) MONTH
  -----------------------------
                             16