16.20 - 間隔データ型 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ SQL日付と時刻の関数および式

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1211-162K-JPN

間隔タイプには、以下の集約関数が有効です。

関数 結果
AVG(arg) 引数のタイプ。
COUNT(arg) モードがTeradataであればINTEGER。
モードがANSIであればDECIMAL(n,0)。ただし、
  • DBSControl内のMaxDecimalの値が0、15、18のいずれかである場合、nは15です。
  • DBSControl内のMaxDecimalの値が38である場合、nは38です。
MAX(arg) 日時タイプの比較ルールに基づく引数のタイプ。
MIN(arg)
SUM(arg) 引数のタイプ。

これらの関数についての詳細は、<Teradata Vantage™ SQL関数、式、および述部、B035-1145>を参照してください。