16.20 - JSONシュレッディングについて - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ JSONデータ型

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
created_date
2019年3月
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN

TeradataはJSONシュレッディング機能を提供し、JSON文書から値を抽出し、抽出したデータをリレーショナル形式で格納することができます。JSONインスタンスからのデータは、1つ以上の既存のテーブルからINSERT、UPDATE、UPSERT、またはDELETEを実行するのに使用できます。

JSONデータをシュレッディングす​​る単純なケースでは、INSERT...JSON文を使用できます。この文は、テキスト形式で格納されているJSONドキュメントのシュレッディングのみをサポートしています。

JSONデータをシュレッディングするより複雑なケースでは、次のテーブル演算子とストアド プロシージャを使用できます。

JSON_TABLE
これは、JSONインスタンスを受け取り、JSONインスタンスに含まれるデータのサブセット、またはすべてに基づいて一時テーブルを作成するテーブル演算子です。
JSON_SHRED_BATCHとJSON_SHRED_BATCH_U
JSON_SHRED_BATCHストアド プロシージャとJSON_SHRED_BATCH_Uストアド プロシージャは、JSONインスタンスから抽出されたデータを含むリレーショナル テーブルをロードします。
JSON_SHRED_BATCHはLATIN文字セット データに対して実行し、JSON_SHRED_BATCH_UはUNICODEデータに対して実行します。それ以外について、2つのプロシージャは同じです。

テーブル演算子およびストアド プロシージャは、バイナリ形式と同様にテキスト形式で格納されているJSONドキュメントで機能します。