16.20 - 平均制限 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

一部のイベントに関連付けられた測定基準は大きく変動します。この種類のイベントを検出するには、平均制限メソッドを使用します。このメソッドでは、測定基準の移動平均が指定されたしきい値を超える必要があります。

平均の必要性を理解するために、次のシナリオを考えてみましょう。ResUsageデータは10分間隔で収集されます。ただし、イベント選定基準は5、10、30、60秒に設定可能なイベント間隔ごとに収集されます。次の図は、30秒の収集間隔で実際の実働システムで測定したCPU使用率のグラフを示しています。このグラフから、CPUの使用率が大幅に変動していることがわかります。これを、5分、10分、30分の傾向線における移動平均と比較します。移動平均の平準化効果により、DBAは実際のCPU使用率をより明確に把握できます。DBAが10分間以上にわたり75%を下回るCPU使用率を検出する必要がある場合、単一制限ではイベントは有効化されません。CPU使用率の変動が大きくなりすぎるためです。ただし、平均制限ではイベントが有効化されます。



平均を使用してこれらのシステム イベント タイプを制限します。
  • CPU使用率
  • CPUスキュー
  • I/O使用量
平均を使用してこれらのワークロード イベント タイプを制限します。
  • CPU使用率
  • 到着
  • SLG応答時間(SLGで作成されたワークロード用)
  • SLGスループット(SLGで作成されたワークロード用)