16.20 - AWT待機時間 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
AWT待機時間ワークロード イベントは、AWTを使用するときに、ワークロードを遅延したかどうかを検出します。ワークロードと遅延の長さによって異なる自動化されたアクションはこのイベントに適しています。優先順位の低い作業では遅延が長くても問題ありませんが、戦術的な作業で受け入れられる遅延はほとんどありません。例えば、次のイベントとアクションを考えてみます。
  • 戦術的なワークロードが200ミリ秒を超えて遅延した場合
    • システム ヘルスの状態を変更します。これにより、重要でない作業に対するスロットルが強化される状態になります。
  • 優先順位の高いワークロードで5秒、優先順位が標準のワークロードで20秒、優先順位の低いワークロードで5分を超えるAWT待機時間を検出します。
    • ワークロードの優先順位に応じて、システム ヘルスの状態を変更するか、DBAにアラートを送信します。