16.20 - TDWMEventHistory - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

TDWMEventHistoryテーブルとそれに対応するビューであるQryLogEventHisVには、ワークロードとシステム イベントに関する情報および状態が変化するまでの値が含まれます。

テーブルは、イベント間の関係をセットとして抽出できるように構築されます。いくつかの独立したイベントにより、現在の状態を判断できる場合があります。この関係を明確にするために、テーブルでは、関連するイベントが同じタイムスタンプで時系列にリストされます。

例えば、イベントが発生すると、TASMによって直ちに記録されます。このイベントが計画済の環境変化を引き起こすイベントの組み合わせの一部である場合、TASMでは計画済の環境変化およびイベントの組み合わせに含まれるすべてのイベントの詳細を記録します。さらに、計画済の環境変化によって状態変化がトリガーされる場合は、TASMでは同じタイムスタンプで状態変化を記録します。seqno(連番)フィールドは、イベントが発生した順序を示します。以下は、時系列にイベントを抽出するサンプルSQLリクエストです。

SELECT entryts,
SUBSTR(entrykind,1,10) "kind",
SUBSTR (entryname,1,20) "name",
CAST (eventvalue as float format '999.9999') "evt value",
CAST (lastvalue as float format '999.9999') "last value",
spare2 "spare Int",
SUBSTR (activity,1,10) "activity id",
SUBSTR (activityname,1,20) "act name", seqno
FROM tdwmeventhistory order by entryts, seqno;

これは、TDWMEventHistoryログにアクセスする別の方法の例で、再帰処理を使用してシステムがRED状態になった原因を示します。

 
WITH RECURSIVE
CausalAnalysis(EntryTS,
EntryKind, EntryID, EntryName, Activity,Activityid) AS
 (
   SELECT EntryTS, EntryKind, EntryID, EntryName, Activity, Activityid
   FROM DBC.TDWMEventHistory
   WHERE EntryKind = 'SYSCON' AND EntryName = 'RED' AND Activity = 'ACTIVE'
   UNION ALL
   SELECT Cause.EntryTS,Cause.EntryKind,Cause.EntryID,
     Cause.EntryName,Cause.Activity,Cause.Activityid
   FROM CausalAnalysis Condition INNER JOIN DBC.TDWMEventHistory Cause
   ON Condition.EntryKind = Cause.Activity AND
     Condition.EntryID = Cause.Activityid)
SELECT * FROM CausalAnalysis
ORDER BY 1 DESC;

                EntryTS EntryKind  EntryID  EntryName  Activity  ActivityId  
----------------------  ---------   ------­ ---------   --------   --------­ 
2006-03-22 14:20:49.12  SYSCON           30  RED          ACTIVE  0  
2006-03-22 14:19:49.06  EXPRESS          20  AWT&NODE     SYSCON  30  
2006-03-22 14:17:48.53  EVENT            11  NODE DOWN   EXPRESS  20  
2006-03-22 14:16:48.51  EVENT            10  LOW AWTS    EXPRESS  20