16.20 - 仮想パーティション スロットルを使用する場合 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
仮想パーティション スロットルは必要な場合にのみ使用し、TASMセットアップを可能な限り単純に保ちます。ここでは、仮想パーティション スロットルが役立ついくつかの状況を示します。
  • マルチ テナント アーキテクチャ: 仮想パーティションを使用して、Teradataプラットフォームを共有する会社(テナント)を分離します。このような状況では、強力な利用制限を使用することが重要です。仮想パーティション スロットルの追加により、1つのテナントがAMPワーカー タスクやその他のリソースを独占することができなくなります。スロットル制限を設定する場合は、テナントで実行されるリクエストのタイプ、およびリクエストで通常使用されるAMPワーカー タスクの数(通常は1~4)を検討してください。
  • 地理的または事業単位の分離: 仮想パーティションは、事業単位または地理的なロケールを分離する必要がある場合にも役立ちます。この場合、仮想パーティション スロットルは必要ないこともあります。ただし、AMPワーカー タスクが不足している場合や、その使用が仮想パーティション間で不均等な場合は、仮想パーティション スロットルによって、リソースをより適切に共有できます。

仮想パーティション スロットル制限を設定する場合は、関連する作業のタイプを考慮してください。高頻度の並列ステップおよび再配置を含む複雑なリクエストによって、または多数の同時ロード ジョブによって作業が占有される場合は、スロットル制限を低くする必要があることがあります。より短い、単純な作業を行なう仮想パーティションについては、スロットル制限を高くすることを検討してください。