16.20 - ワークロード スロットル - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

TASMはワークロード スロットルで制御されるリクエストを拒否または遅延します。

ワークロード スロットルは予測可能でわかりやすいため、Teradataではビジー状態のシステムで作業を制限するための主要なツールとしてワークロード スロットルを推奨します。ワークロード スロットルは、モニターが簡単であり、リクエストの遅延時間の評価を容易にします。ワークロード スロットルによって影響を受けるリクエストも明確になります。システム スロットルでは、多くの場合、ワークロード スロットルと同じスコープを達成するためには複雑な条件が必要となります。この複雑さにより、スロットルの動作や遅延の影響を分析する際にわかりにくさが増します。

ストアド プロシージャ内のSQLリクエストがスロットルされたワークロードに分類される場合、TASMはプロシージャのリクエストを個別にスロットルします。

ワークロード スロットルは、ハードウェア コンポーネントがダウンし、システムが性能低下モードで実行されている場合に、適切に機能します。管理者は、優先順位の高いワークロードで一貫した応答時間を引き続き実現できるように、優先順位の低いワークロードに対するスロットル制限を下げることができます。