16.20 - 最小応答時間 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN

リクエストの応答時間に関するユーザーの期待を管理するために、ワークロードに対して最小応答時間を指定できます。TASMによって、指定した時間の前にリクエストが応答することが防止されます。最小応答時間を使用して、応答セットの返送を遅らせることで、負荷の軽い、最近アップグレードされたシステム上など、高速な応答時間が一時的である状況で非現実的な期待をユーザーが抱かないようにします。Viewpointでは、ワークロードを作成または編集する際にクエリーの応答を保留タブで最小応答時間を構成します。

最小応答時間が役立つ別のシナリオとして、容量をシステムに追加する場合が挙げられます。最小応答時間を使用していないと、一部のユーザーが応答速度の大幅な向上を認識してより多くの作業を実行依頼し始める可能性があります。余分な作業によって、計画よりも前に容量が消費されることになります。最小応答時間により、応答速度を従来の期待水準に維持し、重要度の低い作業によってシステムに負荷がかかることを防止できます。

最小応答時間は、一貫性が求められ、ユーザーが経過時間を重視している目標サービス レベルがあるリクエストに主に役立ちます。最小応答時間は戦術的ワークロードには使用できません。