16.20 - ワークロードの優先順位の管理 - Teradata Workload Management

Teradata Vantage™ ワークロード管理 ユーザー ガイド

prodname
Teradata Vantage NewSQL Engine
Teradata Workload Management
vrm_release
16.20
category
ユーザー ガイド
管理
featnum
B035-1197-162K-JPN
Linux SLES 11システムのワークロードを定義する場合、ワークロード管理ポートレットによって、ワークロードの管理方法を選択するように求められます。以下のワークロード管理方法のいずれかを選択して、ワークロードをリソース消費階層に配置します。
  • 戦術的
  • SLG(最大5つのオプション層)
  • タイムシェア(最上位、高、中、低の層)

TASMではこれらの層を使用してワークロード内のリクエストに優先順位を付け、必要に応じて、実行が開始されるタイミングを制御できます。

次の図は、優先順位階層レベルを示しています。