JSON型ローカル変数をともなうストアド プロシージャ - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN
JSONデータ型となるローカル変数を1つ以上含むストアド プロシージャを作成できます。これらのローカル変数の宣言を含むDEFAULT句を使用できます。
  • DEFAULT NULL
  • DEFAULT value

DEFAULT valueを指定した場合は、JSONコンストラクタ式を使用してローカル変数を初期化できます。 JSON型コンストラクタについてを参照してください。

カーソルを含むストアド プロシージャの意味を使用して、特定の値、名前と値のペア、またはオブジェクトまたは配列として構造化された入れ子文書にアクセスできます。これを、JSONPathリクエスト構文でJSONインスタンスの特定部分へのアクセスを可能にするJSONメソッドと関数とともに使用できます。