JSON型のストレージ形式 - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN
JSONデータは、次の形式で格納できます。
  • テキスト(LATINまたはUNICODE)
  • バイナリJSON(BSON)
  • ユニバーサル バイナリJSON (UBJSON)

デフォルトのストレージ形式は、指定した文字セットのテキスト(またはユーザーのデフォルトの文字セット)です。

オプションのSTORAGE FORMAT句を使用して、JSONデータをバイナリ形式(BSONまたはUBJSON)のいずれかで格納することを指定できます。この句は次の場合にのみ使用できます。
  • テーブルの列の属性
  • CAST式のJSONデータ型宣言の一部
  • JSONコンストラクタのオプションのパラメータ

HELP COLUMNを使用してJSON列のストレージ形式を表示できます。

STORAGE FORMAT句とCHARACTER SET句の両方を使用してJSON型を定義することはできません。バイナリ形式で格納されているJSONデータの文字セットをテキストとしてエクスポートする場合は、UNICODEが使用されます。そのため、UNICODE形式にはCHARACTER SET句は必要ありません。

ストレージ形式の比較

BSONとUBJSONは、一般的にテキスト ベースのJSONと比較して短時間でトラバースできます。これらの形式のいずれかで格納されているデータは抽出技術を使用して検索できます。これらの形式を使用すると、取得時間が改善されていることが分かります。

データの最適なストレージ形式を選択するためのガイドラインとして、さまざまなストレージ形式の比較を次に示します。

JSONテキスト形式

  • 挿入時間が最短
  • 検索時間がより長い
  • 多くの領域が必要な可能性がある

BSON形式

  • テキストから変換するときに、妥当性検査が常に暗黙的に行なわれる
  • 挿入に最も時間がかかる
  • 検索時間がより短く(UBJSONと併用)
  • MongoDBを使用してデータを交換するときの操作性が良好
  • テキスト形式に比べて、領域を節約できる可能性がある
UBJSON形式
  • テキストから変換するときに、妥当性検査が常に暗黙的に行なわれる
  • テキスト形式よりは挿入に時間がかかり、BSONよりは挿入に時間がかからない
  • 検索時間がより短く(BSONと併用)
  • 多くの数値がデータに含まれている場合は領域を節約できる場合がある