UDFとJSON型を使用 - Teradata Database - 16.20

Teradata® Database JSONデータ型

prodname
Teradata Database
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1150-162K-JPN
1つ以上のパラメータを含むUDFを作成したり、JSONデータ型の型を返したりすることができます。JSON型は、次の型のUDFでサポートされています。
  • C、C++、またはJavaで記述されたスカラーおよび集約UDF、テーブル関数およびテーブル演算子。
  • SQL UDF

SQL UDFの場合、RETURN句を、JSONデータ型として評価するSQL文にすることができます。

バイナリのJSONデータを外部ルーチンに渡すSTORAGE FORMAT仕様でJSON型を指定できます。

UDF、UDM、または外部ストアド プロシージャが、JSONパラメータの値にアクセスして設定できるように、またはJSON型パラメータに関する情報を取得できるように、JSON FNC関数とJavaクラスおよびメソッドが提供されています。これらの関数およびメソッドの詳細については、<SQL外部ルーチン プログラミング、B035-1147>を参照してください。