16.20 - Data Mover RESTサービスの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverのインストール中に、Data Mover RESTコンポーネントが自動的にインストールされて、開始されます。環境に合わせてtdmrest.propertiesファイルを構成し、サービスを再起動する必要があります。

Data MoverにバンドルされているData Mover RESTおよびDSA RESTでは、デフォルトでHTTPSが有効になっているため、HTTPSを介してREST呼び出しを行なうことができます。Data Moverの新規インストールまたはアップグレード後にData Mover RESTジョブでHTTPを使おうとすると、ジョブはHTTPSにリダイレクトされます。

  1. ディレクトリ/etc/opt/teradata/datamover内でtdmrest.propertiesを検索します。
  2. 次のプロパティを構成します。
         
    appender.rolling.fileName ログ ファイルの相対パスまたは絶対パス。 /var/opt/teradata/datamover/logs/dmRest.log
    appender.rolling.filePattern

    ログファイルのパターンを指定します。

    例: dmRest.log.%iはファイルをdmRest.log.1dmRest.log.2dmRest.log.3のように保存します。

    /var/opt/teradata/datamover/logs/dmRest.log.%i
    appender.rolling.layout.type 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 PatternLayout
    appender.rolling.layout.pattern 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 %d [%t] %-5p %c{3}(%L) - %m%ns
    appender.rolling.name 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 RollingFile
    appender.rolling.policies.size.type 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 SizeBasedTriggeringPolicy
    appender.rolling.policies.size.size バックアップ ファイルになる前のログ ファイルの最大サイズ。 20MB
    appender.rolling.policies.type 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 ポリシー
    appender.rolling.strategy.max

    作成されたバックアップ ログ ファイルの数。作成されたファイルの数が上限数に達すると、一番古いファイルが削除されます。

    例: maximum backups = 3の場合は、3つのバックアップ ログが作成されます。
    • dmRest.log.1
    • dmRest.log.2
    • dmRest.log.3

    現在の dmRest.log サイズが20MB, を超えると、新しい dmRest.log.1 になり、新しい dmRest.log が作成されます。前の dmRest.log.2 が新しい dmRest.log.3 になります。前の dmRest.log.3 が削除されます。

    5
    appender.rolling.strategy.type 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 DefaultRolloverStrategy
    appender.rolling.type 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 RollingFile
    broker.url=url Java Message Service (JMS)メッセージ ブローカーを実行しているマシンのホスト名またはIPアドレス。 localhost
    broker.port=port JMSメッセージ ブローカーがリスニングしているマシン上のポート番号。 61616
    cluster.enabled=setting Trueの場合、アクティブJMSブローカーが停止すると、クラスタのスタンバイJMSブローカーとの接続が確立されます。 False
    logger.rolling.appenderRef.rolling.ref 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 RollingFile
    logger.rolling.name 編集しないでください。ロギング インフラストラクチャ用の内部設定です。 com.teradata.datamovement.rest
    response.timeout ジョブの進捗状況がこの期間(秒単位)内に報告されない場合、このジョブは中止されます。 30 sec
    rootLogger.level 6つのレベルのロギング、TRACE | DEBUG | INFO | WARN | ERROR | FATAL。トレース レベルからアプリケーション エラーまで。 INFO
  3. Data Mover RESTサービスを再起動します。
    /etc/init.d/tdmrest start