16.20 - 同期サービスの構成 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
16.20
Published
2021年11月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-107K-JPN
Language
日本語 (日本)

同期サービスを使用する場合のフェイルオーバー環境の有無に関係なく、同期サービスを開始する前に、アクティブ リポジトリとスタンバイ リポジトリを同期する必要があります。アクティブ リポジトリとスタンバイ リポジトリの同期に記載されている手順に従って、アクティブ リポジトリとスタンバイ リポジトリを同期してください。

  1. アクティブ同期サーバーのsync.propertiesファイルを編集し、master.hostプロパティをアクティブ同期サーバーのホスト名に設定します。
  2. スタンバイ同期サーバーのsync.propertiesファイルを編集し、master.hostプロパティをアクティブ同期サーバーのホスト名に設定します。
  3. アクティブ同期サーバーのsync.propertiesファイルを編集し、sync.isMasterプロパティをtrueに設定します。
  4. スタンバイ同期サーバーのsync.propertiesファイルを編集し、sync.isMasterプロパティをfalseに設定します。
  5. アクティブ同期サーバーとスタンバイ同期サーバーのsync.propertiesファイルのmaster.portプロパティを、アクティブ同期サービスとスタンバイ同期サービスが通信を行なうポートに設定します。
  6. アクティブ同期サーバーで、同期サービスをアクティブとして開始します。
    /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync start
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。
  7. スタンバイ同期サーバーで、同期サービスをスタンバイとして開始します。
    /opt/teradata/datamover/sync/nn.nn/dmsync start
    ここで、パス中のnn.nnはData Moverのメジャーおよびマイナーのバージョン番号を指します。
  8. 同期サービスが開始されたら、アクティブ同期サーバーでjob.useSyncService構成プロパティをtrueに設定して同期を有効にします。