16.20 - テンポラル テーブルへのデータのロード - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

Teradata Databaseは、テンポラル テーブルにデータをバルクロードするために、以下の3つの方法をサポートしています。

  • FastLoad(およびFastLoadプロトコルをサポートするアプリケーション)では、テーブルが列パーティション化されていない場合、直接、空のテンポラル テーブルへバルクロードを実行できます。

    FastLoadスクリプトにCHECKPOINT指定が含まれている場合には、CURRENT INSERT(有効時間またはトランザクション時間)を使用しないでください。ロード中に再始動すると、再始動後に挿入される行の有効時間とトランザクション時間の値が変更される可能性があります。

    この場合、代わりにNONTEMPORAL INSERTを使用して、挿入される行数と、 ターゲット テーブルの結果の行数が正確に対応するようにしてください。

  • Multiloadを使用して非テンポラルのステージング テーブルにデータをロードすることができます。INSERT ... SELECT文を使用して、ステージング テーブルからテンポラル テーブルにデータをロードします。
  • Teradata Parallel Transporter (TPT)には、valid-time NoPIステージング テーブルからvalid-timeテーブルまたは二重テンポラル テーブルへテンポラル データをロードできるUpdateオペレータが含まれています。