16.20 - 集合操作のテンポラル問合わせ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

集合操作(UNION、INTERSECT、MINUS、EXCEPT)を含む問合わせがテンポラル テーブルを参照する場合は、すべての問合わせが最上位の問合わせからテンポラル修飾子を継承します。

個別の問合わせレベルでのテンポラル修飾子が必要な場合は、その修飾子をFROM句に追加するか、必要な修飾子を指定した問合わせを派生テーブルに配置します。

例: 集合操作を使用するテンポラル問合わせの適切な形式

次に示す問合わせでは、エラーが発生します。

VALIDTIME AS OF DATE '2009-05-06'
SELECT *
FROM v1

MINUS

VALIDTIME AS OF DATE '2009-05-05'
SELECT *
FROM v1

ORDER BY 1;

次に示す問合わせは、正常に実行され、目的とした結果を生成します。

SELECT *
FROM v1 VALIDTIME AS OF DATE '2009-05-06'

MINUS

SELECT *
FROM v1 VALIDTIME AS OF DATE '2009-05-05'

ORDER BY 1;