16.20 - Transaction-Timeテーブルの行パーティション化 - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

次に示すパーティション式は、transaction-timeテーブルに推奨されるものです。この式のttcolumnは、transaction-time列を表わします。

   PARTITION BY CASE_N (END(ttcolumn) >= CURRENT_TIMESTAMP, NO CASE)

transaction-timeテーブルに推奨される物理パーティション化を使用すると、その物理パーティションは次に示すようになります。

  1. 現在パーティションには、パーティション式のCURRENT_TIMESTAMP値が最後に解決された時点で、オープン行である(または、オープン行であった)行が保持されます。
  2. 履歴パーティションには、パーティション式のCURRENT_TIMESTAMP値が最後に解決された時点で、クローズ行になった行が保持されます。