16.20 - 例: Valid-TimeテーブルのCurrent問合わせ - Teradata Database - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

Product
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
Release Number
16.20
Release Date
2019年3月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1182-162K-JPN
Language
日本語 (日本)

現時点で有効なvalid-timeテーブルの行(現在の時刻と重なる行)を問合わせるには、SELECT文にCURRENT VALIDTIMEテンポラル修飾子を使用します。例えば、次のようになります。

   CURRENT VALIDTIME
   SELECT *
   FROM Policy
   WHERE Policy_Type = 'AU';

結果は非テンポラルの結果セットになります(結果セットにvalid-time列は含まれません)。

   Policy_ID  Customer_ID  Policy_Type  Policy_Details
   ---------  -----------  -----------  -----------------
      541077    766492008  AU           STD-CH-344-YXY-00
      541145    616035020  AU           STD-CH-348-YXN-00
      541008    246824626  AU           STD-CH-345-NXY-00