16.20 - トランザクション時間を含むテーブルの結合インデックス - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

次の表では、transaction-timeテーブルに作成できる結合インデックスのタイプを示します。また、transaction-time列(または派生PERIODのtransaction-time列の構成要素列)をインデックスに射影する必要があるかどうかも示します。

修飾子 単一テーブルの結合インデックス 複数テーブルの結合インデックス 結合インデックスとSEQUENCED VT AJIでのtransaction-time列の必要性
CURRENT TRANSACTIONTIME 可能 可能 はい/いいえ
TRANSACTIONTIME AS OF 不可 不可 適用なし
SEQUENCED TRANSACTIONTIME 不可 不可 適用なし
NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME 可能 可能 いいえ/いいえ

文にtransaction-time修飾子を明示的に指定していないときには、システムはセッションのtransaction-time修飾子を使用します。

current結合インデックスが作成されると、結合定義には次に示す条件が追加されます。END(<TransactionTimeColumn>) IS UNTIL_CLOSED

transaction-timeテーブルのcurrent結合インデックスに外部結合が含まれていて、結果的に派生テーブルになる場合には、Teradata Databaseからエラーが返されます。

Teradata Databaseでは、実テーブルのすべてのDML文に対して、transaction-time次元のいずれのcurrent結合インデックスも保守します。

nonsequenced結合インデックスにはtransaction-time列を射影する必要はありませんが、この列を射影することでインデックスの実用性が向上します。