16.20 - 例: Valid-TimeテーブルのSequenced問合わせ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

特定の期間で有効なvalid-timeテーブルの行を問合わせるには、SELECT文にSEQUENCED VALIDTIMEテンポラル修飾子を使用します。例えば、次のようになります。

   SEQUENCED VALIDTIME PERIOD '(2009-01-01, 2009-12-31)'
   SELECT Policy_ID, Customer_ID
   FROM Policy
   WHERE Policy_Type = 'AU';

結果セットはテンポラル テーブルになります。このテーブルには、PERIOD'(2009-01-01, 2009-12-31)'で指定した適用期間で有効な行が含まれます。

   Policy_ID  Customer_ID  VALIDTIME
   ---------  -----------  ------------------------
      541077    766492008  ('09/12/21', '09/12/31')
      541145    616035020  ('09/12/03', '09/12/31')
      541008    246824626  ('09/10/01', '09/12/31')
結果セットのvalid-time列(VALIDTIME)は、sequenced valid-time問合わせの結果に自動的に追加される列です。この列は、問合わせたテンポラル テーブルのvalid-time列(Policy_Term)とは異なります。問合わせ結果の有効時間は、問合わせのPAと、行の元のvalid-time期間との共通部分になります。