16.20 - 構文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN
<Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート>では、特にテンポラル テーブルに関連する構文について説明します。必須ではない構文やテンポラル テーブルに固有ではない構文は、基本的にこのドキュメントには示されていません。その他の構文については、<Teradata Vantage™ SQLデータ定義言語-構文規則および例、B035-1144>、<Teradata Vantage™ SQLデータ操作言語、B035-1146>、および<Teradata Vantage™ SQLデータ制御言語、B035-1149>を参照してください。








テンポラルSQLのANSI標準へのアプリケーションの移植性を確保するため、すべてのテンポラル修飾子を明示的に指定することを推奨します。
view_name
ビューの名前を指示します。
database_nameuser_name
view_nameを含めるデータベースまたはユーザーの名前を指定します(現在のデータベースまたはユーザー以外の場合)。
column_name
ビュー列の名前を指定します。複数の列を指定する場合には、各列がビュー用に表示される順序で、名前を列挙します。
CURRENT VALIDTIME
select_statementがvalid-time次元でcurrent問合わせになることを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。
VALIDTIME AS OF date_timestamp_expression
select_statementは指定したAS OF式と有効期間が重なる行を取得することを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

VALIDTIME SEQUENCED VALIDTIME
select_statementがsequenced問合わせになることを指定します。結果セットは、重なったvalid-time期間用の追加の列を含むvalid-timeテーブルになります。ビューの列のリストに追加の列の名前が指定されていない場合、デフォルト名は"VALIDTIME"になります。
select_statementがvalid-time次元およびtransaction-time次元のsequenced問合わせであり、ビューの列のリストで追加の列のための名前が複数用意されている場合には、最初の追加の名前は結果のvalid-time列の名前になります。2番目の追加の列がある場合、その列の名前は結果のtransaction-time列の名前になります。
NONSEQUENCED VALIDTIME
select_statementがvalid-time次元でnonsequenced問合わせになることを指定します。period_expressionを指定すると、nonsequenced問合わせによって有効時間を含むテーブルが生成されます。これを指定していない場合の結果セットは、非テンポラル テーブルになります。
valid-timeテーブルの結果セットには、重なったvalid-time期間用の追加の列が含まれます。ビューの列のリストに追加の列の名前が指定されていない場合、デフォルト名は"VALIDTIME"になります。
select_statementがvalid-time次元ではnonsequenced問合わせであり、transaction-time次元ではsequenced問合わせであるときに、ビューの列のリストで追加の列のための名前が複数用意されている場合には、最初の追加の名前は結果のvalid-time列の名前になります。2番目の追加の列がある場合、その列の名前は結果のtransaction-time列の名前になります。
period_expression
sequenced問合わせ、またはnonsequenced問合わせの適用期間。
CURRENT TRANSACTIONTIME
select_statementがtransaction-time次元でcurrent問合わせになることを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。
TRANSACTIONTIME AS OF date_timestamp_expression
select_statementは指定したAS OF式と行内のtransaction-time期間が重なる行を取得することを指定します。結果セットは非テンポラル テーブルです。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

SEQUENCED TRANSACTIONTIME
select_statementがtransaction-time次元のsequenced問合わせになることを指定します。結果セットはトランザクション時間を含むテーブルです。
select_statementで参照するテーブルが1つのみになることがあります。このテーブルにはトランザクション時間が必要です。
NONSEQUENCED TRANSACTIONTIME
select_statementがtransaction-time次元でnonsequenced問合わせになることを指定します。nonsequenced問合わせは結果セットとして非テンポラル テーブルを生成します。
AS OF date_timestamp_expression
select_statementは指定したAS OF式とvalid-time期間およびtransaction-time期間が重なる行を取得することを指定します。

date_timestamp_expressionは、日付値またはタイムスタンプ値で評価される定数、スカラーUDF、スカラー サブクエリー、またはビジネス カレンダ関数にすることができます。

select_statement
既存のSELECT文構文を指定します。