16.20 - タイムスタンプ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

時間の認識は、テンポラル データベースの機能を決定付けるものです。transaction-time列を含む行は、その行が最初にテーブルに挿入されたときから、システムによって自動的に時系列で追跡されます。valid-time列を含む行は、行内の情報が有効であると見なされる期間が特定されます。どのタイプのテンポラル テーブルでも、そのテーブル内の行が変更または削除される度に、システムはその行と、変更の結果として作成される新しい行に、自動的にタイムスタンプを付けます。このようなタイムスタンプは変更を記録するものであり、transaction-time列を含む行をクローズしたり、valid-time列を含む行のPVを適切に変更するために使用されます。

たとえば、ある行のvalid-time期間が先週から来週まで続くとします。この期間中に行が変更されると、変更前の行内の元の情報は、変更の時点で無効になります。そのため、データベースはvalid-time列の終了境界値に変更時点のタイムスタンプを設定します。これにより、行内の元の情報が有効でなくなった時刻をマークします。データベースは、変更後の値を保持するための行のコピーを自動的にテーブルに追加し、valid-time期間が変更時点から始まるようにタイムスタンプを設定します。新しい行には、元の行のvalid-time期間の終了境界値が維持されます。

トランザクション時間と有効時間は、基本的にテンポラル テーブル内で異なる目的を持つ別々の時間次元なので、transaction-time列とvalid-time列のそれぞれのタイムスタンプは個別に計算されます。