16.20 - 以前のテーブル状態の復元 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

トランザクション時間を含むテーブルでは、変更または削除されたすべての行のスナップショット コピーが自動的にテーブル内に格納されます。このようなテーブルの特性を使用すると、SQLだけでテーブルの以前の状態を復元できます。これを利用することで、テーブルやテーブルのセットがユーザーの過ちで破損されたときに、一貫性のある状態に復元しなければならない場合などの、局所的な問題から素早く回復できるようになります。

トランザクション時間を含むテーブルを、現在の時刻よりも以前の時点(time X)の状態に復元する必要があるとします。テーブル内の行は、その行の状態(オープンまたはクローズ)と、transaction-time列の期間とtime Xとの関係に基づいて分類されます。

行の状態 BEGIN(TT)

トランザクション時間の開始

END(TT)

トランザクション時間の終了

1 Open(開く) time Xより前 UNTIL_CLOSED
2 Open(開く) time Xと等しい UNTIL_CLOSED
3 Open(開く) time Xより後 UNTIL_CLOSED
4 クローズ time Xより前 time Xより前
5 クローズ time Xより前 time Xと等しい
6 クローズ time Xより前 time Xより後
7 クローズ time Xと等しい time Xより後
8 クローズ time Xより後 time Xより後

これらの行を図で表現すると、次のようになります。