16.20 - SQL HELP文およびSHOW文 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

HELP文およびSHOW文を使用すると、テンポラル テーブルに関する情報を表示できます。

  • HELP COLUMNの出力には、Temporal Columnフィールドが含まれています。このフィールドにはV、T、RまたはNが表示され、それぞれvalid-time列、transaction-time列、テンポラル関係制約、または非テンポラル列を示します。
  • さらに、HELP COLUMNには、Current ValidTime Unique、Sequenced ValidTime Unique、NonSequenced ValidTime Unique、およびCurrent TransactionTime Uniqueという名前のフィールドが含まれ、列に定義されているプライマリキー制約または固有性テンポラル制約があれば、その制約のタイプを示します。これらのフィールドの値は、YまたはNになります。
  • HELP CONSTRAINTには、テンポラル制約を含む名前付きの制約についての情報が表示されるTypeフィールドがあります。
  • HELP SESSIONには、テンポラル セッション属性が表示されるTemporal Qualifierフィールドがあります。
  • HELP TRIGGERには、ValidTime Typeフィールドと、TransactionTime Typeフィールドがあります。このフィールドには、C、S、NまたはTが表示され、それぞれcurrent、sequenced、nonsequenced、非テンポラルになるトリガー タイプを示します。トリガーに時間次元が定義されていないときには、これらのフィールドはNULLになります。
  • SHOW TABLEでは、valid-time列とtransaction-time列が示されます。また、テンポラル プライマリキー制約と固有性制約の定義が表示されます。
  • SHOW JOIN INDEXでは、テンポラル テーブルに作成された結合インデックスに関連付けられたテンポラル修飾子が表示されます。これは、結合インデックスを作成したSELECT文に関連付けられたテンポラル修飾子になります。