16.20 - As Of問合わせ - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

as of問合わせは、テンポラル テーブル内のvalid-time期間とtransaction-time期間が問合わせで指定した日付または時刻(AS OF時間)と重なる行に対して抽出および操作を行なうSELECT文です。as of問合わせでは、任意の時点でのスナップショットとしてのデータを操作対象にします。一般に、as of問合わせは、履歴データの問合わせに使用します。

AS OF句は、valid-time次元とtransaction-time次元の両方に適用することも、個別に適用することもできます。valid-time次元に適用すると、PVが指定したAS OF時間と重なる行が取得されます。transaction-time次元に適用すると、transaction-time 期間が指定したAS OF 時間と重なる行が取得されます。

as of問合わせのセマンティクスは、current問合わせと同様のものです。AS OFでは指定した時間に基づいて情報を抽出しますが、current問合わせでは、その問合わせを実行した時点の時刻または日付の情報を抽出します。ただし、current問合わせの操作対象は、transaction-time次元のオープン行に限られます。as of問合わせでは、行がクローズ行であるかオープン行であるかに関係なく、transaction-time次元の特定の時点の行を読み込むことができます。

as of問合わせでは、結果セットとして非テンポラル テーブルを生成します。