16.20 - Sequenced削除 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

有効時間を含むテーブルでは、適用期間と重なる行が削除対象となります。追加の検索条件は、これらの行にのみ適用されます。valid-time列またはtransaction-time列に対するWHERE句の条件、または結合のON条件を指定できます。

トランザクション時間を含むテーブルに対するsequenced削除は、オープン行のみを操作対象にします。

対象行のsequenced削除操作についての説明を、次の表に示します。

テーブルの種類 適用期間 THEN …
valid-timeテーブル 対象行の有効期間を包含する(期間が等しい場合を含む) 対象行が物理的に削除されます。
対象行の有効期間を包含しない 有効期間の一部が適用期間の開始前に存在する場合、行のコピーが挿入されます。このコピーの有効期間の開始境界値は対象行と同じ値に設定され、有効期間の終了境界値は適用期間の開始境界値に設定されます。

有効期間の一部が適用期間の終了後に存在する場合、行のコピーが挿入されます。このコピーの有効期間の終了境界値は対象行と同じ値に設定され、有効期間の開始境界値は適用期間の終了境界値に設定されます。

上記の条件が両方とも真の場合は、2つの行が挿入されます。

二重テンポラル テーブル 対象行の有効期間を包含する(期間が等しい場合を含む) 対象行がトランザクション時間でクローズ(論理的に削除)されます。
対象行の有効期間を包含しない 対象行がトランザクション時間でクローズされます。

有効期間の一部が適用期間の開始前に存在する場合、行のコピーが挿入されます。このコピーの有効期間の開始境界値は対象行と同じ値に設定され、有効期間の終了境界値は適用期間の開始境界値に設定されます。

有効期間の一部が適用期間の終了後に存在する場合、行のコピーが挿入されます。このコピーの有効期間の終了境界値は対象行と同じ値に設定され、有効期間の開始境界値は適用期間の終了境界値に設定されます。

上記の条件が両方とも真の場合は、2つの行が挿入されます。