16.20 - テンポラル テーブルに対する制約の使用 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

テンポラル テーブルに定義した列またはテーブル レベルの制約は、時間次元に関連付けることができます。この制約には、次に示す3つの基本タイプがあります。

テンポラル制約の形式 説明
CURRENT VALIDTIME この制約は、すべての現在行と将来行に適用されます。履歴行に対する制約違反のチェックは実行されません。
SEQUENCED VALIDTIME この制約は、すべての将来行、現在行、およびオープン履歴行に適用され、どの時点においてもvalid-time次元内での制約違反がないことを保証します。
NONSEQUENCED VALIDTIME この制約は、テーブル内のすべてのオープン行に適用され、valid-time列が通常の非テンポラル列として扱われます。valid-timeテーブルに対するNONSEQUENCED制約は、非テンポラル テーブルに定義された制約と同じ意味を持ちます。

transaction-time列を含むテーブルの場合、非参照制約は常にtransaction-time次元でcurrentであると見なされます。このような制約は、トランザクション時間でオープン行である行に対してのみ実施されます。二重テンポラル テーブルの場合、制約はvalid-time制約テンポラル修飾子の条件を満たすオープン行にのみ実施されます。

PERIODデータ型を含む列に制約を利用することはできないため、制約をvalid-time列またはtransaction-time列に利用することはできません。

テンポラルSQLのANSI標準へのアプリケーションの移植性を確保するため、すべてのテンポラル修飾子を明示的に指定することを推奨します。