16.20 - 照合プロセス - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

次の表では、ターゲット テーブルがテンポラル テーブルの場合の、マージの照合プロセスについて説明します。

テンポラル マージ タイプ 照合プロセス
current 照合条件は、ターゲット テーブルのすべての現在行に適用されます。トランザクション時間を含むターゲット テーブルの場合、すべての条件と変更はオープン行にのみ適用されます。

ソース テーブルがテンポラルの場合、ソース テーブルの現在行のみがマージ プロセスに関与します。トランザクション時間を含むソース テーブルの場合は、オープン行のみがマージ プロセスに関与します。ソース行セットを取得するために、システムによってソースは派生テーブルに書き換えられます。

Sequenced 照合条件は、任意選択の適用期間と重なる、すべてのターゲット行に適用されます。トランザクション時間を含むターゲット テーブルの場合、すべての条件と変更はオープン行にのみ適用されます。

ソース テーブルがテンポラルの場合は、任意選択の適用期間と重なるソース行のみがマージ プロセスに関与します。トランザクション時間を含むソース テーブルの場合は、オープン行のみがマージ プロセスに関与します。ソース行セットを取得するために、システムによってソースは派生テーブルに書き換えられます。

ソース テーブルとターゲット テーブルの両方がテンポラルの場合は、sequenced結合のセマンティクスが適用されます。つまり、ON句の照合条件には、システムにより追加されたソース テーブルとターゲット テーブルのテンポラル列に関する重複条件も含まれます。

Nonsequenced 従来型形式のMERGEのON句の照合条件に適用される既存の制限はすべて、valid-time次元でのnonsequencedマージに適用されます。

トランザクション時間を含むターゲット テーブルの場合、すべての条件と変更はオープン行にのみ適用されます。トランザクション時間を含むソース テーブルの場合は、オープン行のみがマージ プロセスに関与します。ソース行セットを取得するために、システムによってソースは派生テーブルに書き換えられます。