16.20 - 例: Valid-TimeテーブルからのNonsequenced削除 - Teradata Vantage NewSQL Engine

Teradata Vantage™ テンポラル テーブル サポート

prodname
Teradata Database
Teradata Vantage NewSQL Engine
vrm_release
16.20
category
プログラミング リファレンス
featnum
B035-1182-162K-JPN

nonsequenced削除では、削除操作や行選択に特別なテンポラル ロジックは適用されません。また、valid-timeテーブルに対する削除操作は、非テンポラル テーブルに対する従来型の削除操作と同様に実行されます。

sequenced削除の例で使用したものと同じvalid-timeテーブルに戻って説明します。

   Policy_ID  Customer_ID  Validity
   ---------  -----------  ------------------------
      497201    304779902  ('05/02/14', '06/02/13')
      540944    123344567  ('07/02/03', '08/02/02')
      541077    766492008  ('09/12/21', '99/12/31')
      541145    616035020  ('09/12/03', '10/12/01')
      541008    246824626  ('09/10/01', '99/12/31')

次に示す各nonsequenced削除文は、テーブルから1つの行を物理的に削除します。

   NONSEQUENCED VALIDTIME DELETE
   FROM Policy
   WHERE Customer_ID = 304779902;

   NONSEQUENCED VALIDTIME DELETE
   FROM Policy
   WHERE BEGIN(Validity) = DATE '2007-02-03';