17.11 - ViewpointサーバーでのData Moverポートレットのアップグレード - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-11-08

Teradata Viewpoint管理者が1つまたは複数のData Moverデーモンを構成および管理するには、Data MoverポートレットのパッケージがTeradata Viewpointサーバーにインストールされている必要があります。

システム上に既にインストールされている場合は、再インストールする前にアンインストールする必要があります。1つのViewpointサーバーにインストールできるData Moverポートレット パッケージのバージョンは1つだけです。
  1. tdmportlets-17.11.xx.xx-1.noarch.tar.gzは、Teradata Data Moverバージョン17.11.xx.xxポートレットの圧縮ファイルです。このファイルには「Data Mover」ポートレットおよび「Data Moverセットアップ」ポートレットのパッケージが含まれており、Teradata Viewpoint管理対象サーバーにインストールする必要があります。
  2. Viewpoint管理対象サーバー上にあるTeradata Data Moverポートレットの既存バージョンの場合は、新しいバージョンをインストールする前にこのポートレットをアンインストールする必要があります。
  3. Teradata Data Moverポートレットは、Viewpoint管理対象サーバーにrootユーザーとしてのみインストールできます。
  4. 次のコマンドを使用して、tdmportlets-17.11.xx.xx-1.noarch.tar.gzファイルを解凍します。

    # gunzip -c tdmportlets-17.11.xx.xx-1.noarch.tar.gz | tar xvf -

  5. 次のコマンドを使用して、前バージョンのData Moverポートレットをアンインストールします。

    # rpm -e tdmportlets

  6. 次のコマンドを実行して、Teradata Data Moverをインストールします。

    # rpm -Uvh tdmportlets__linux_noarch.17.11.xx.xx-1.rpm

  7. コマンド プロンプトで次のように入力します: # rpm -qa | grep tdmportletstdmportlets-17.11.xx.xx-1が出力に含まれていれば、Data Moverポートレットは正しくインストールされています。
  8. Data Moverポートレットのインストール後にすべてのViewpointサービスを再起動することをお勧めしますが、Viewpointは再起動なしでもポートレット ライブラリを自動的に更新します。