17.11 - クラスタの構成とモニタリング サービスの開始 - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語
Last Update
2021-11-08
モニタリング サービスは、監視対象サーバーに対してSSH接続を使用し、JDBCを使用してData Moverリポジトリを監視します。このコマンドは完了するまでに数分かかることがあります。このコマンドの機能は、次のとおりです。
  • モニタリング サービスがモニター対象サーバーにパスワードなしでログオンできるように、それらのサービスに対してSSHログオンを設定する。
  • 指定アクティブ リポジトリとスタンバイ リポジトリのユーザー名とパスワードを設定して格納する。
  • 指定アクティブおよびスタンバイActiveMQ、デーモン、エージェント、およびRESTサーバーに対してActiveMQ認証をセットアップする。
  • 指定アクティブ リポジトリから指定スタンバイ リポジトリへの同期サービスを構成してアクティブ化する。
  • 指定アクティブ デーモン、エージェント、REST、バンドルされたDSA、および指定アクティブ同期モニター サービスをアクティブ モードで構成および開始する。
  • local.monitor.hostでモニタリング サービスを開始して、ローカルData Moverコンポーネントを監視する
  1. 指定アクティブ デーモン サーバーにログオンして、システムの/etc/opt/teradata/datamover/failover.propertiesファイルを編集します。
    Failover.propertiesファイルの詳細については、Failover.propertiesファイルを参照してください。
  2. 次のコマンドをrootとして実行します。
    ./dmcluster config
    デフォルトのインストールでは、アクティブ リポジトリ ホストはアクティブ デーモン ホストと同じであり、スタンバイ リポジトリ ホストはスタンバイ デーモン ホストと同じです。