17.11 - Data Moverコンポーネントのスクリプト - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Release Date
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
Data Moverには、各Data Moverコンポーネントの開始、再起動、または停止のステータスの確認を可能にする1つのスクリプトが含まれています。スクリプト名はdm-control.shで、Data Mover Multi-Purpose ServerのData Moverデーモン パッケージによってディレクトリにインストールされています。/opt/teradata/datamover/daemon/17.xx.xx.xx.
Data Moverで高可用性が構成されている場合は、dm-control.shスクリプトを使用しないでください。自動フェールオーバーとの干渉を避けるため、/opt/teradata/client/nn.nn/failoverからdmcluster statusを実行してコンポーネントのステータスを確認します。フェールオーバーが構成されている場合、dmcluster setmasterを実行するとサービスが再起動されます。
スクリプトには、次のコマンド が含まれています。
スクリプト コマンド 説明
dm-control.sh status Data Moverデーモン、Data Moverエージェント、Data Mover同期、tmsmonitor、Teradata Database、Data Stream Controller、およびTeradata ActiveMQのステータスを表示します。
dm-control.sh start ローカルのData Mover Multi-Purpose Server上のすべてのData Moverコンポーネントを起動します。これには、Data Moverデーモン、Data Moverエージェント、Teradata ActiveMQ、Data Stream Controller、およびtmsmonitorが含まれます。Data Mover同期サービスあるいはフェールオーバー モニタリング サービスは含まれません。
dm-control.sh stop ローカルのData Mover Multi-Purpose Server上のすべてのData Moverコンポーネントを停止します。これには、Data Moverデーモン、Data Moverエージェント、Teradata ActiveMQ、Data Stream Controller、およびtmsmonitorが含まれます。Data Mover同期サービスあるいはフェールオーバー モニタリング サービスは含まれません。
dm-control.sh restart ローカルのData Mover Multi-Purpose Server上のすべてのData Moverコンポーネントを停止してから起動します。これには、Data Moverデーモン、Data Moverエージェント、Teradata ActiveMQ、Data Stream Controller、およびtmsmonitorが含まれます。Data Mover同期サービスあるいはフェールオーバー モニタリング サービスは含まれません。