17.11 - システム エイリアス - Teradata Data Mover

Teradata® Data Mover インストール、構成、およびアップグレード ガイドユーザー用

Product
Teradata Data Mover
Release Number
17.11
Published
2021年10月
Content Type
インストール
構成
管理
Publication ID
B035-4102-091K-JPN
Language
日本語 (日本)
Last Update
2021-11-08

ソース システムおよびターゲット システムのホスト エイリアス(tdpid)は、DNS(推奨)、またはサーバーやソース/ターゲットTPAノードなどのData Mover-DSAコンポーネントのhostsファイルで定義されます。

システムがtdpidを使用してDSAですでに構成されており、ジョブ定義内の異なるサーバー エイリアスによりそのシステムを参照する場合は、サーバー エイリアスをDNSまたはhostsファイルに追加できます。すでに設定済みのtdpidが機能している場合は、DSAシステムを再構成する必要はありません。

DSAコンポーネントを構成する場合は、関係するホストのIPではなくサーバー エイリアスを参照してください。例えば、dsc.propertiesclienthandler.properties、およびActiveMQブローカー、BAR NCマスター ノードでサーバー エイリアスを使用し、さらにDSAシステムのtdpidを構成する際にもサーバー エイリアスを使用します。