17.05 - 例: JSONデータ ファイルにANY IN TABLEを使用した関数マッピング定義 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - SQL演算子およびユーザー定義関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.05
Release Date
2021年1月
Content Type
プログラミング リファレンス
管理
Publication ID
B035-1210-175K-JPN
Language
日本語 (日本)

この文は、READ_NOSテーブル演算子の関数マッピングREAD_NOS_json_intable_fmを定義します。この関数マッピングには、許可DefAuthを含むEXTERNAL SECURITY句、NOSREAD_RECORDの戻りタイプ、ファイル拡張子の有無を問わずJSONファイルにクエリーするためのANY IN TABLE句が含まれます。

CREATE FUNCTION MAPPING READ_NOS_json_intable_fm
  FOR TD_SYSFNLIB.READ_NOS EXTERNAL SECURITY DEFINER TRUSTED DefAuth
  USING
    LOCATION('/S3/td-usgs.s3.amazonaws.com/JSONDATA'),
  RETURNTYPE('NOSREAD_RECORD'),
  ANY IN TABLE
;