17.10 - 構文 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)


次のような場合に当てはまります。

layoutname
1つ以上の後続のIMPORTコマンドが参照するためのレイアウトに割り当てられる名前です。
layoutnameは、Teradata SQL列名と同じ構成規則に従う必要があります。
CONTINUEIF condition
以下の形式のconditionが指定されている条件句です。
position = value
以下のように指定します。
  • positionは、継続インディケータを含む各入力レコードのフィールドの開始文字位置を指定する符号なし整数(アスタリスクではない)
  • valueは、文字定数または列定数として指定された継続インディケータ。FastExportは、定数の長さを継続標識フィールドの長さとして使用します。
position = valueで指定する条件では、大文字と小文字が区別されます。このパラメータを指定する場合は、必ず大文字と小文字を正しく入力します。
条件句が真の場合、FastExportは現行レコードの終わりにある次の入力レコードを連結して単一レコードを形成します。現行レコードは、外部データ ソースから取得した最新のレコードです。
条件句が偽の場合、FastExportは現行入力レコードを単独で、または一連の連結レコードの最終レコードとして使用します。
条件の結果の真偽に関係なく、FastExportは各レコードから検査済みの列(継続標識フィールド)を削除します。
INDICATORS
このLAYOUTコマンドで定義される入力レコードが標識モードになる条件です。
つまり、最初のnバイトがインディケータ バイトです。この場合、nは、LAYOUTコマンドで定義されたフィールドの数を8で割り、小数部を切り上げた整数値です。
このオプションを指定する場合には、次に続くFIELDコマンドは、入力レコードの各フィールドを正しく定義しなければなりません。定義したフィールドおよびフィラー(充填文字)の数を使用して、各入力レコード内のインディケータ データのバイト数を計算します。