17.10 - 使用上の注意 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

次の表 では、ROUTE MESSAGESコマンドを使用する場合に考慮すべき事柄について説明します。

ROUTE MESSAGESコマンド使用上の注意
対象 使用上の注意
システム コンソール/標準出力デバイスの指定 システム コンソール/標準出力(stdout)デバイスの指定には、fileid1またはfileid2指定にアスタリスク(*)文字を使用します。
システム コンソールとは次のいずれかです。
  • 対話モードの表示画面
  • バッチ モードの標準出力デバイス

表示画面や標準出力デバイスについての詳細は、ファイルの要件を参照してください。

デフォルトのメッセージ出力先 ROUTE MESSAGESコマンドを使用しない場合、FastExportは以下の宛先に出力メッセージを書き込みます。
  • DDNAME SYSPRINT (z/OSの場合)
  • stdout (UNIX OSおよびWindowsの場合)
z/OS fileidの使用上の注意 DDNAMEを指定すると、FastExportは指定ソースへメッセージを書き込みます。
DDNAMEは、以下の場合を除いて、Teradata SQL列名と同じ構成規則に従う必要があります。
  • 「アット」(@)はアルファベット文字として使用できます。
  • 下線(_)は使用できない。

DDNAMEは、外部システムに適用可能な規則に従う必要があります。シーケンシャル(VSAM)データ セットを参照できます。

DDNAMEが磁気テープ上のデータ ソースを表わす場合、オペレーティング システムのサポートに応じて、テープはラベル付きとラベルなしのどちらかになります。