17.10 - FastExportのタスク アクティビティのコマンド - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

タスク用のコマンドは、FastExportタスクごとに行なう実際の処理を指定します。

次の表は、タスク アクティビティを実行するFastExportコマンドの一覧です。

FastExportのコマンド 機能
BEGIN EXPORT エクスポート タスクの開始を示し、データベースとのタスク セッションの仕様を設定します。
END EXPORT エクスポート タスクの終了を示し、データベースによる処理を開始します。
EXPORT 次の機能があります。
  • データベースから取得したエクスポート データのクライアント システムの宛先とファイル形式の仕様
  • 後でエクスポートデータをデータベースに再ロードできる、生成されたMultiLoadスクリプトファイル
FIELD SELECT文の制約パラメータにデータ値を提供する入力レコードのフィールドを指定します。
FILLER SELECTステートメントの制約パラメータにデータ値を提供する入力レコードの一部としてデータベースに送信されない入力レコードのフィールドを指定します。
IMPORT SELECT文にUSINGデータ値を提供するクライアント ファイルを定義します。
LAYOUT このコマンドの直後に指定した一連のFIELDコマンドおよびFILLERコマンドと組み合わせて、SELECT文のUSING修飾子にデータ値を提供するファイルのレイアウトを指定します。