17.10 - 外部型 - FastExport

Teradata® FastExportリファレンス

Product
FastExport
Release Number
17.10
Release Date
2021年6月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-2410-061K-JPN
Language
日本語 (日本)

「from-sqlルーチン」と「to-sqlルーチン」は、UDTと事前定義型との間にマッピングを作成します。 この事前定義タイプはUDTの外部タイプと呼ばれます。 クライアント アプリケーションが処理するのは、外部型のみです。UDTの値を直接処理することはありません。

外部型の例

例えば、次の条件が存在しているとします。
  • FULLNAMEという名前のUDTが存在する
  • FULLNAMEに関連付けられた外部型はVARCHAR(46)である

次に、FULLNAMEの値の取得中に、データベース サーバーは、FULLNAME UDTに関連付けられている「from-sqlルーチン」を呼び出して、FULLNAMEの値からVARCHAR(46)の値に変換します。

クライアントはVARCHAR(46)値を受け取ったときと同じ形式でデータを受け取る必要があります。

同様に、FULLNAME UDTへの挿入で値を提供する際、クライアントはVARCHAR(46)フィールドに値を提供するのと同じ方法で値を提供しなければなりません。データベースは、は、FULLNAME UDTに関連付けられている「to-sqlルーチン」を使用して、VARCHAR(46)の値からFULLNAMEの値に変換します。