Machine Learning Engine の追加 | Teradata Viewpoint - 2.2 - Teradata Machine Learning Engineの追加 - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)
Machine Learning Engineの追加には、証明書の登録、ログイン設定のテスト、データ コレクタの追加が含まれます。Machine Learning Engineはすでに設定されていることがあります。Machine Learning Engineが設定されていない場合は、以下の手順に従ってください。
  1. Machine Learning EngineシステムをViewpointに追加する前に、https://master-node-IP:30009/からSSL CA証明書をダウンロードして登録します。master-node-IPは、マスター ノードのIPアドレスです。
  2. システムの隣で""を選択して、Teradata機械学習エンジンの追加を選択します。
  3. 一般的なシステムの詳細で、システムのニックネームを30文字以内で入力します。
  4. (オプション) システムを有効化チェック ボックスを選択します。
    有効にすると、システムはデータの収集を開始します。
  5. システムのホストIDを入力します。
    ホストIDは、システムのIPアドレスまたはホスト名です。
  6. (オプション)Teradataカスタマー サービスによって割り当てられたサイトIDを入力します。
    システムを有効にした後に、Viewpointがシステムの値を検出すると、サイトIDが読み取り専用になります。
  7. ログイン名とパスワードを入力します。
    ログオンには、大文字と小文字の区別があります。
  8. (オプション)ログイン設定が正しいかどうかを確認するには、テストをクリックします。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。 エラーを受け取った場合は、ログイン信頼証明が有効で、ホストが接続可能であることを確認します。
  9. (オプション)コレクタすべてのデータ コレクタを有効にする (データ コレクタで構成)を選択して、このシステムのデータを収集します。
    データ コレクタでは、データ収集を有効にし、個別に構成することができます。
  10. 適用を選択します。
    操作が成功すると、""が表示されます。操作が失敗した場合、""が表示されます。 エラーが表示された場合は、設定が正しいことを確認し、もう一度実行してください。