管理ユーザーSYSDBAの変更 | Teradata Vantage - 2.2 - SYSDBAユーザーの変更 - Teradata Vantage

インストール後のTeradata Vantage™の構成

Product
Teradata Vantage
Release Number
2.2
Published
2021年1月
Content Type
実装
構成
Publication ID
B700-4014-011K-JPN
Language
日本語 (日本)

管理ロールおよび管理プロファイルをSYSDBAユーザーに割り当てます。ロールに対してWITH GRANT OPTIONを指定することはできません。WITH ADMIN OPTIONを指定して、SYSDBAがそのロールのアクセス権を変更でき、そのロールを付与または取り消すユーザーを決定できるようにします。管理ユーザー以外のユーザーに対してはこのオプションを省略します。

  1. DBCユーザーとしてログオンします。
  2. SYSDBAにマスター管理ロールを付与します。例えば、次のように指定します。
    GRANT R_Master_Admin TO SYSDBA WITH ADMIN OPTION;
    
  3. SYSDBA管理ユーザーを変更します。例えば、次のように指定します。
    MODIFY USER SYSDBA AS DEFAULT ROLE=R_Master_Admin, PROFILE=P_Master_Admin;
  4. ログオフします。