17.10 - How to Readの構文 - Advanced SQL Engine - Teradata Database

Teradata Vantage™ - Advanced SQL Engine分析関数

Product
Advanced SQL Engine
Teradata Database
Release Number
17.10
Release Date
2021年7月
Content Type
プログラミング リファレンス
Publication ID
B035-1206-171K-JPN
Language
日本語 (日本)

このドキュメントでは、次の構文規則を使用します。

構文規則 意味
KEYWORD
キーワード。表示されているとおり指定します。

多くの環境では、大文字と小文字が区別されません。構文では、オペレーティング システムの制限により小文字または大文字小文字の組み合わせにする必要がない限り、キーワードを大文字で示します。

variable
変数。実際の値で置き換えます。
number
1桁以上の数字の文字列。数字が3桁を超える場合、カンマを使用しないでください。

例: 10045

[ x ]
xは任意です。
[ x | y ]
xy、を指定するか、何も指定しません。
{ x | y }
xまたは y のいずれかを指定する必要があります。
x [...]
xを繰り返し、スペースで区切ることができます。

例: x x x

表の後の注意を参照してください。

x [,...]
xを繰り返し、カンマで区切ることができます。

例: x, x, x

表の後の注意を参照してください。

x [delimiter...]
xを繰り返し、指定した区切り記号で区切ることができます。
例:
  • delimiterがセミコロンの場合:

    x; x; x

  • delimiter{,|OR}の場合、以下のいずれかを実行できます:
    • x, x, x
    • x OR x OR x

表の後の注意を参照してください。

直前の項目だけを繰り返すことができます。たとえば、構文が次の場合:
KEYWORD x [...]

xを繰り返すことができます。KEYWORDは繰り返されません。

xと区切り記号の間に空白がない場合、繰り返し可能な項目はxと区切り文字になります。たとえば、構文が次の場合:

[ x, [...] ] y
  • xを省略できます: y
  • xを一度指定できます: x, y
  • xと区切り文字を繰り返すことができます: x, x, x, y